近くでいいやは危険?キャットシッター選びの注意点とおすすめシッター

この記事ではキャットシッター選びの注意点を5つ詳しく解説しています。また「初めての利用」という方におすすめなキャットシッター業者も紹介しています。

「キャットシッターを頼みたいけど、どこに頼んでよいのかわからない」というケースは非常に多いです。しかし「わからないから近くでいいや」という判断は危険かもしれません。そこで今回は「キャットシッター選びの注意点 」を中心に解説していきます。

キャットシッターサービスとは

キャットシッターとは、何らかの事情で「猫のお世話ができない」という飼い主さんに代わって飼い猫のお世話をしてくれるサービスです。

業者によってサービス内容はまちまちですが、主に
・トイレ掃除
・水換え
・遊び
などを行い、お世話中の様子なども報告してくれます。

「旅行でお世話が一時的にできない」という場合や「仕事で毎日忙しい」という場合などに活用されることが多いです。また基本的に要望には幅広く対応していることが多く、柔軟な対応が期待できます。経験のあるシッターが豊富にいる業者の場合、より安心して任せることができるため、キャットシッターを探す際には重視してみてください。

キャットシッター選びの注意点

キャットシッター選びを失敗すると「トラブルに巻き込まれる」というケースもあります。そのため、ここではキャットシッター選びの注意点として
・動物取扱業の登録がある業者かという点
・口コミ評価が荒れていないかという点
・実績がちゃんとあるかという点
・シッターは有資格者かという点
・料金設定が適切かという点
以上の5点を紹介していきます。

動物取扱業の登録がある業者かという点

キャットシッター選びの注意点1つ目は「動物取扱業の登録がある業者かという点 」です。まず、キャットシッターを開業するには、「動物取扱業の登録」が必要です。具体的には「第一種動物取扱業」の種別「保管」での登録が必須となっています。もし、この登録がない場合には「違法業者」であるため、絶対に避けてください。

また、動物取扱業の登録済業者には
・氏名、名称、事業所の名称など
・所在地がどこなのか
・動物取扱業の種別(販売や保管など)
・登録番号が何番なのか
・登録年月日がいつなのか
・登録有効期間がいつまでなのか
・動物取扱責任者の氏名がだれか
以上7項目の掲示義務があります。

そのため、これらの項目の掲載が
・ホームページ
・その他広告媒体
などにあるか事前にチェックしておきましょう。万が一「記載がなかった」という場合には「登録があっても義務を怠っている」という可能性があるため、避けることをおすすめします。

※注意点 「第一種動物取扱業」の種別「保管」で登録済みの業者の従業員は、資格なしでもキャットシッターをすることが可能です。誤解しやすい点なので注意してください。

口コミ評価が荒れていないかという点

キャットシッター選びの注意点2つ目は「口コミ評価が荒れていないかという点 」です。近年ではネット社会化が進んだこともあり、悪い業者には必ずと言ってよいほどクレームや注意喚起が見られます。そのため、キャットシッターを選ぶ際には事前に確認しておくと安心です。

また「知り合いに紹介を受けた」「知り合いに利用した人がいる」といった場合には、利用してみた感想や業者の評判を聞いてみてください。ネットよりも信憑性が高いため、おすすめです。

もしネットで検索する場合には
・○○ 評判
・○○ 口コミ
などと検索すると良いです。検索後「トラブルがでてきた」という場合には、念のためトラブルの内容を確認してください。もし「業者側の過失がひどい」という場合や「トラブルがたくさん見られる」という場合には、避けることをおすすめします。

実績がちゃんとあるかという点

キャットシッター選びの注意点3つ目は「実績がちゃんとあるかという点」です。実績がない場合「経験不足によるトラブル」に巻き込まれることもあります。そのため、キャットシッターを選ぶ際には注意すべき点と言えます。

特に初めての利用では依頼慣れしていないため、実績のある業者へ依頼する方が安心感がありますし、不安感を和らげるためにも「実績」を気にしてみてください。

シッターは有資格者かという点

キャットシッター選びの注意点4つ目は「シッターは有資格者かという点 」です。上記で少し紹介しましたが、キャットシッターでは基本的に従業員には資格がいりません。そのため、アルバイトの方などもおり、サービスの品質に不安が残ることもあります。

アルバイトがダメなのではなく「知識や経験で勝るプロの方が安心です」というお話です。特に初めての場合には、プロに依頼するのがおすすめです。なぜなら、一般的なシッターが「どの程度のことをしてくれるのか」が分からないからです。

サービス品質の平均が分からないと、利用する業者の良し悪しが分からないため、初めのうちは特に有資格者のいるキャットシッターを選びましょう。

料金設定が適切かという点

キャットシッター選びの注意点5つ目は「料金設定が適切かという点 」です。キャットシッターにも、地域差がありますが「相場」があります。そのため「著しく相場から離れた料金設定となっている」という場合には、避けることをおすすめします。

また、シッターの提供するサービスの中には
・単一のサービスプランが存在するケース
・複数のサービスが合わさったプランが存在するケース
以上の2種類があり「希望のサービスのみを受けることができない」というパターンもあります。

そのため、事前に依頼する予定の業者が「どんなプラン展開をしているのか」というのを確認しておきましょう。

おすすめはオリーブシッター

キャットシッターを始めて頼む場合には多くの人がかなり迷います。そのため、ここではおすすめのキャットシッター「オリーブシッター」を紹介していきます。

オリーブシッターのおすすめポイント
オリーブシッターのおすすめポイントは
・オーダーメイドのプランが作れる点
・シッターが全員有資格者である点
・オリーブシッターは業界初の3冠を達成している点
以上の3点です。順に紹介していきます。

オーダーメイドのプランが作れる点

オリーブシッターでは、飼い主さんに必要なサービスだけを提供できるよう「プランのオーダーメイド」を行っています。そのため、余分な料金がかからず長期的にも利用しやすいです。

シッターが全員有資格者である点

オリーブシッターは「シッターが全員有資格者」であるため、経験や知識においても問題がありません。公式サイトには顔写真と資格が載っており、しっかりと開示されているため安心です。

オリーブシッターは業界初の3冠を達成している点

オリーブシッターは、国内最大級のモニター調査機関である「ゼネラルリサーチ株式会社によるアンケート調査」で業界初の3冠を達成しました。

3冠の内容は
・ペットシッターお客様満足度1位
・信頼できるペットシッター1位
・獣医師がおすすめするペットシッター1位
の3つです。

そのため、信頼とサービスの品質にお墨付きがついており、安心して依頼することができます。特に「初めてキャットシッターを依頼する」という方におすすめです。

まとめ

キャットシッター選びの注意点についてはお分かりいただけたでしょうか。高いように見えるかもしれませんが、一時的にでも「飼い猫の命」を預けるわけなので、有資格者のシッターに依頼することをおすすめします。業者に迷ったらオリーブシッターの利用を検討してみてください。